忍者ブログ

気になる本とモノ

読書した本や気になるモノの記録です。 あらすじとお気に入りの言葉をまとめる メモブログなのでネタバレあります。

   2017

1118
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   2007

0626
平和の種をまく ボスニアの少女エミナ
評価 ☆☆☆ 大塚敦子 岩崎書店
コミュニティ・ガーデンが分かる度 ☆☆☆☆☆

2007年の青少年読書感想文全国コンクール
の5・6年生の課題図書です。
小学5、6年生向けですが、
これだけの薄さながらも
中身は重いですね。
ボスニアの戦乱の最中に、
生まれた少女エミナが
コミュニティ・ガーデンという
“市民農園”のような畑を通じて、
交流を深めていく過程が紹介されています。

◆「平和の種をまく」の感想
ボスニアを舞台にした本は昨年の課題図書
「オシムの言葉」以来です。
皮肉な言い回しで人気を得ているオシム監督と
美しい景色をまじえたエミナ。
ボスニアの内乱状態と今の平和の大切さが、
写真で感覚的に分かるのが、
「平和の種をまく」の良さでしょうか。

◆「平和の種をまく」のあらすじ
ボスニア・ヘルツェゴビナに住むボスニアクの
小学5年生の女の子、エミナ。
家族で住む家は戦争で壊されたため、
建て直し中です。
でも、直しているのは国全体で、
コミュニティ・ガーデンという畑で
食糧を作り、地域の人との交流も深めています。
畑でであった人には、家族を戦争で失った人が
たくさんいます。
でも、エミナはかつては敵の民族だった
セルビア人の少女ナダと友だちになりました。

◆「平和の種をまく」の気になる言葉
14 コミュニティ・ガーデンというのは、みんながそれぞれ割り当てられた
区画を耕す、共同農園みたいなもの。
29 ふつうの人は、だれも、戦争なんかしたくなかったのに。
31 地雷原で地雷を踏んで血まみれになっている靴。「自由につくってみて」と粘土を渡されて、エルディンがつくった。…カラフルな粘土でつくられた悲しい粘土細工です。
41 戦争で心や身体に障害を負った人々へのワークセラピー…コミュニティ・ガーデンの目的として

ブログランキングへ
↑読んでいただいてありがとうございました。人気blogランキングに参加しています。

拍手[3回]

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
フリーエリア
最新CM
[08/26 みみ~]
[08/05 りゅあ]
[08/29 だからあなたのサイトは儲からない。その理由とは?]
アクセス解析
バーコード
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
映画・ドラマの原作の漫画・小説から
ビジネス書までつれづれに
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP