忍者ブログ

気になる本とモノ

読書した本や気になるモノの記録です。 あらすじとお気に入りの言葉をまとめる メモブログなのでネタバレあります。

   2017

1019
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   2007

0714

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール
「ディアルガVSパルキアVSダークライ」

評価☆☆☆  ポケモン「ダークライ」のオマケ☆☆☆☆☆
今日、封切されたポケモンの新作映画
「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール
 「ディアルガVSパルキアVSダークライ」」

台風が近づいている天気なのに、
ポケモンだけは満席状態。
西遊記」や「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
も公開していたんですが、
圧倒的にポケモンばかり。
人気の秘密はニンテンドーDSを持っていくと
劇場でポケモン「ダークライ」がもらえるから。
映画館でこんなにDSを見るとは思いませんでした。
入手方法は簡単で、すぐもらえていました。
眠らせながら、ダメージを与える
「ナイトメア」「悪夢」が使えるので
ポケモンを捕まえるのに便利なポケモンですね。
また、前売り券だと、もう一つのポケモン
「デオキシス」ももらえました。

◆「ディアルガVSパルキアVSダークライ」の見どころ
流れるようなきめ細かい映像は
やっぱりポケットモンスターらしい上出来です。
画像処理がかなり特殊で、
チカチカするような場面が多いのが気になりますが、
ポケモンの画像はやっぱりすごいなあ、と再確認。
また、いつもモデルになる都市があるのが特徴ですが、
今回の街はバルセロナみたいです。
街中にそびえる二つの塔はサグラダ・ファミリア、
とタイルを多用した色彩豊かなグエル公園。
この2つを設計した建築家、ガウディを
基にしたイメージのようですね。
サグラダ・ファミリアの秘密がポイントです。
でも、ディアルガとパルキアが闘っている理由は
あまり伝わらなくて、ちょっと不思議ですね。

◆「ディアルガVSパルキアVSダークライ」のキャストあれこれ
ダークライの声優が石坂浩二というところで、
どんなキャラクターか、分かるのがかなり残念ですね。
でも、ロバートの3人(秋山竜次、山本博、馬場裕之)の
吹き替えはなかなか上手だし、
(ドダイトスの吹き替えの馬場さんはちょっと不思議ですが)
トニオの山本耕史さんもハスキーな声が
shyな性格を表していて、いい感じでした。
加藤ローサさんはもうちょっと抑揚ほしかったですが…

◆「ディアルガVSパルキアVSダークライ」のポケモンあれこれ
トニオのポケモン、フワライドはじつはしっかり活躍。
意外な活躍は、タケシのポケモン、グレッグル。
実はすごい強いのかも、というワンシーンあり、です。
でも、やっぱり何でディアルガとパルキアは闘うのか?

◆「ディアルガVSパルキアVSダークライ」のあらすじ
アラモスタウンへやってきたサトシたちは、
アリスに町のランドマークである「時空の塔」や美しい庭園を案内される。
時空の塔には、設計した天才建築家、ゴーディの孫、トニオが
住んでいるが、アリスとトニオは幼馴染。
何者かによって庭園があらされるが、
有力者アルベルト男爵は幻のポケモン・ダークライのしわざと断定する。
ダークライは「出て行け」と叫び、
町の人々やポケモンたちを次々と眠らせてしまう。
だが、トニオは街の異変は別の原因があり、
ダークライだけがその異変に気づいているのではないか、と推測し、
ゴーディが残した日記に手がかりを探そうとする。
ちょうどそのころ、
ディアルガとパルキアが時空のはざ間で闘い、
傷ついたアラモスタウンへ逃げ込んだ。
ディアルガとパルキアの戦いに、ダークライが加わり、
アラモスタウンは全壊の危機を迎える。
しかし、ゴーディの日記からオラシオンという解決に
気づいたサトシたちはオラシオンの発動のため
全力をつくして危機を救おうとする。
オラシオンとは、アリスの祖母、アリシアが
伝えたポケモンの争いを収める“祈り”の曲。
時空の塔でオラシオンの曲を奏でられるのか?

ブログランキングへ
↑読んでいただいてありがとうございました。人気blogランキングに参加しています。

拍手[0回]

PR
フリーエリア
最新CM
[08/26 みみ~]
[08/05 りゅあ]
[08/29 だからあなたのサイトは儲からない。その理由とは?]
アクセス解析
バーコード
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
映画・ドラマの原作の漫画・小説から
ビジネス書までつれづれに
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP