忍者ブログ

気になる本とモノ

読書した本や気になるモノの記録です。 あらすじとお気に入りの言葉をまとめる メモブログなのでネタバレあります。

   2017

0822
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   2007

0730

嫉妬の世界史
評価☆☆☆ 山内昌之 新潮社

参議院選挙で“歴史的”な大敗をした
安倍晋三総理が総理就任前に
読んでいたと話題になっていたのが、この本。
これから、自民党内の派閥の嫉妬に
悩むんでしょうか??
(ちなみに男の妬を指すために
女偏に冒と書く「ぼう」という感じがあったとか)
「嫉妬」という切り口から
日本史や世界史の出来事をつづったエッセー。
硬い展開は少なくて、
歴史上有名な人がどんな嫉妬で苦しみ、
また苦しまされたか、ということが
とてもよく分かります。
軍医と小説家という二足のわらじ
ゆえの嫉妬に悩んだ森鴎外、
著名さ故の反発を買った学者として
中谷宇吉郎、牧野富太郎
と学者の話が多いのは目立ちますね。
なぜか政治家の話は少ないんですけれど…。

ブログランキングへ
↑読んでいただいてありがとうございました。人気blogランキングに参加しています。

◆「嫉妬の世界史」の気になる言葉
15  嫉妬して人を陥れることや害を与えることを、「妬害」や「嫉害」と呼ぶ。
27 慶喜にはどこか「妬賢」(賢を妬む)という風情がある
76 森鴎外に足りないのは、嫉妬される存在として堂々と沈黙する勇気なのであった。
86 「阿部一族」に武士の妬心の影を感じるのは、作者の鴎外が嫉妬に人一倍敏感だったせいかもしれない。
121 たしかに学外で有名になるのは、いちばん嫉妬を買う原因であることが分かる。…中谷宇一郎らの例として
135 ソクラテスの弟子クセノフォンがいったらしいが、自分で自分をほめるのは他人の耳には何よりも苦痛なことを知らなくてはならない
177 ゴードンとベアリングの関係
183 いつの時代も世論は悲劇の英雄に分を認めるのだ。たとえ失敗しても、その理非を問おうとしない
194 保科正之 身分の男女を問わずに、九十歳以上の者に終生一日につき玄米五号を給付した事業は、日本最初の「国民年金制度」といってもよいだろう。

◆「嫉妬の世界史」のあらすじ
「臣下を認められない君主」
「烈女の一念、男を殺す」
「熾烈なライヴァル関係」
「学者世界の憂鬱」など次々と出てきます。
島津義久、義弘という戦国大名の兄弟の話や
石原莞爾と東条英機の対立などは
為政者の嫉妬の怖さがよく伝わってきます。
でも、最期は「嫉妬されなかった男」。
将軍徳川家光の異母兄弟の保科正之です。
こういう救い方で、後味をよくしているのは、
こういう本の配慮として大切ですね。

拍手[0回]

PR
フリーエリア
最新CM
[08/26 みみ~]
[08/05 りゅあ]
[08/29 だからあなたのサイトは儲からない。その理由とは?]
アクセス解析
バーコード
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
映画・ドラマの原作の漫画・小説から
ビジネス書までつれづれに
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP