忍者ブログ

気になる本とモノ

読書した本や気になるモノの記録です。 あらすじとお気に入りの言葉をまとめる メモブログなのでネタバレあります。

   2017

0523
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   2007

0801

赤い指
感想☆☆☆ 東野圭吾 講談社

久しぶりに東野圭吾さんよみました。
「赤い指」は大きなヒントなんですが、
高齢化というテーマを
きちんと織り込みつつ、
人間の哀しみにきっちり踏み込んでいます。
中年男性が主人公なんですが、
家庭内で陰が薄い男性が、
追いつめられて…
推理の部分は弱いんですけれど、
きちんと最後まで読ませますね。

◆「赤い指」の気になる言葉
16 急ぎの仕事があるわけでもないのに残業をするのは、家に早く帰りたくないからだった。帰宅したところで疲れた身体を休められる状況ではない。身体だけでなく、精神まで余計に疲れるだけだった。
247 あの赤い指です

ブログランキングへ
↑読んでいただいてありがとうございました。人気blogランキングに参加しています。

◆「赤い指」のあらすじ
さえないサラリーマン前原昭夫は
気の強い妻、八重子と長男、直巳とともに、
母、政恵と同居している。
直巳が七歳の少女を殺してしまったが、
八重子に押し切られ、擬装をはかる。
実は、痴呆気味の母親の犯罪にしてしまおう、
という話だったのだ。
一方、捜査一課の松宮は、
親戚で所轄刑事の加賀と捜査するが、
加賀が前原に当たりをつけ、
さらに、擬装も見抜く。
実は、政恵の痴呆は仮病であり、
自分が犯人にされないように、
赤い唇である細工をしていたのだった。
犯人を捕まえた後、松宮は加賀の父、正隆を看取る。
実は、独りで死のうと決めた正隆から
息を引き取るまで、絶対にそばに寄るなと
言われ、約束を守っていたのだった。

拍手[0回]

PR
フリーエリア
最新CM
[08/26 みみ~]
[08/05 りゅあ]
[08/29 だからあなたのサイトは儲からない。その理由とは?]
アクセス解析
バーコード
カウンター
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
映画・ドラマの原作の漫画・小説から
ビジネス書までつれづれに
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP