忍者ブログ

気になる本とモノ

読書した本や気になるモノの記録です。 あらすじとお気に入りの言葉をまとめる メモブログなのでネタバレあります。

   2017

0625
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   2008

0229

ライラの冒険 黄金の羅針盤

感想☆☆☆☆ フィリップ・フルマン 小学館
黄金の羅針盤」が映画化され、
もう封切ですね。
原作の「黄金の羅針盤」
500ページを超す大作ですが
ギリギリ間に合いました。
「ライラの冒険シリーズ」は
3冊とも分厚いんですが、読破したいですね。

◆ライラの冒険 黄金の羅針盤の山場
黄金の羅針盤〈上〉—ライラの冒険一番の読みどころは、
コマーシャルでもよく出てくる鎧を着た熊ですが、
イオレク・バーニソンといって、
かなりイカしたキャラクターですね。
このクマが戦う場面がいろいろあるんですが、
映像はすごいだろうなあ、という迫力を感じます。

◆ライラの冒険 黄金の羅針盤のあらすじ
ダイモンという動物の形をした精霊が
人間と一緒になっている世界で、
イギリスのジョーダン学寮に住むライラ。
アスリエル卿という大金持ちが北極で体験した
不思議な出来事を盗み聞きしてしまった頃、
子供たちの誘拐事件が近くでわきおこる。
友人、ロジャーがさらわれたライラのそばに、
謎の美女、コールター夫人が現れ、
ライラは一緒に寮を出ていくが、
その時に、学寮長から渡されたのが
黄金の羅針盤だった…という展開です。
旅先でいろいろな事件に巻き込まれるんですが、
やっぱりイオレク・バーニソンが一押しですね。
この熊の個性が本当にすごくよくできています。
人間ならば、二コール・キッドマン演じる
コールター夫人がファンタジーでは異色の存在感です。

ブログランキングへ
↑読んでいただいてありがとうございました。人気blogランキングに参加しています。

拍手[0回]

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
黄金の羅針盤 ライラの冒険
ライラの冒険 黄金の羅針盤 フィリップ・プルマン 小学館 評価☆☆☆☆
URL 2008/03/01(Sat)15:21:22
ライラの冒険 黄金の羅針盤 観てきました
 最近仕事が忙しく、週に1度しか、いやそれ以下の頻度でしか映画に行けず、ストレス気味。そんな状態なのでホントに観たい映画を選んで行かないと。。。  と言うわけで今回は期待の大作ライラの冒険 黄金の羅針盤を観てきました。
URL 2008/03/31(Mon)03:14:10
フリーエリア
最新CM
[08/26 みみ~]
[08/05 りゅあ]
[08/29 だからあなたのサイトは儲からない。その理由とは?]
アクセス解析
バーコード
カウンター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
映画・ドラマの原作の漫画・小説から
ビジネス書までつれづれに
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP