忍者ブログ

気になる本とモノ

読書した本や気になるモノの記録です。 あらすじとお気に入りの言葉をまとめる メモブログなのでネタバレあります。

   2017

1118
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   2007

0726

獣の奏者 王獣編
評価☆☆☆☆ 上橋菜穂子 講談社

獣の奏者の下巻「王獣編」です。
上巻の「闘蛇編」のラストから、
すっと続いてくるので、
読み続けやすい感じ。
主人公の少女、エリンの成長が
主軸だった「闘蛇編」と比べると、
急にスケールが大きくなります。
「奏者」という聞きなれない言葉も
実は、あることの同音語なんですね。
ところで、
王獣の具体像はあまりないんですが、
蛇を食べる鳥、というと、
孔雀明王につなかっだクジャクがモデル?
そんなことが気になりつつ、
一気に大戦争にいきますよ。
ブログランキングへ
↑読んでいただいてありがとうございました。人気blogランキングに参加しています。

◆「獣の奏者 王獣編」の気になる言葉
115 獣と意思を通じること-獣に己の意思を伝え、獣を動かすこと。それを母の一族は〈操者の技〉と呼ぶのだろう。そして、それを、大罪と考えているのだ。
147 王獣と闘蛇だけは、人に飼われると子を産まなくなる。-この謎が大きな伏線でした。
155 よい教導師は、迷いのない教導師ではない。迷いを心に持ちながらも、常に学んでいく姿勢を子どもたちに伝えられる教導師こそ、よい教導師なのだ

◆「獣の奏者 王獣編」のあらすじ
王獣リランを自然の状態で育てることに成功したエリン。
だが、王獣を自然状態で育てることを避けた王獣規範が
ある理由に悩む一方、リランの動きでケガをしてしまう。
そんな時、傷ついた王獣エクが運び込まれたが、
エリンとエクの間に子どもが生まれてしまう。
そのころ、王国のハルミヤ真王が王獣の子を見に来るが、
途中で大公を装った闘蛇の群に襲われ、
やむなくリランに乗ってエリンは闘蛇を退治する。
襲撃の後遺症でなくなった王の後継に、
娘セィミヤがなるが、
王の甥ダミヤが王位簒奪をたくらむ。
ハルミヤ殺しの疑いを受けた大公と長男シュナンは
闘蛇の群を率いて、王と対面する。
リランにのったエリンが闘蛇を従え、
2人が王に従おうとしたとき、大公の次男ヌガンの闘蛇が突然攻め寄せる。
王の堅き楯(セ・ザン)のイアルが巻き込まれ、
リランに乗せてイアルを救ったエリン。
しかし、エリンのピンチのときに、
再びリランがやってきて、エリンを優しくくわえて飛び立つのだった。

拍手[0回]

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
獣の奏者 王獣編 すごいファンタジーですね
獣の奏者 王獣編  感想☆☆☆☆ 上橋 菜穂子 講談社  「獣の奏者 闘蛇編」につづく、  第2巻「王獣編」です。  かなり思わせぶりに終わってしまった  「闘蛇編」で伏せられていた  王獣の秘密の種明かしと、  主人公エリンと王獣の交流が  物語の種なんですが、  かなりいいファンタジーでした。
URL 2007/07/26(Thu)21:49:37
獣の奏者
決して人に慣れることのない猛獣と少女の物語。 まず、圧倒されるのがこの物語の核となる架空の獣、 「闘蛇」と「王獣」の生態描写。 まるで、この生き物が世界のどこかに存在するのではないかと思うくらい、リアルに読み手に伝わってくる。 「闘蛇」は名の通り、主に水中に住み、蛇状の体に、鋭い爪と角を持つ。頑丈なうろこは弓矢も弾く。 それに対し、「王獣」は、銀白の羽を持ち、狼のような顔、鋭い爪を持ち、「闘蛇」の天敵として「闘蛇」を喰らう。 この物語の舞台、リョザ神王国では「王獣」は真王(ヨジェ) ...
URL 2007/10/14(Sun)15:31:22
フリーエリア
最新CM
[08/26 みみ~]
[08/05 りゅあ]
[08/29 だからあなたのサイトは儲からない。その理由とは?]
アクセス解析
バーコード
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
映画・ドラマの原作の漫画・小説から
ビジネス書までつれづれに
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP